白髪に対する考えで自然のままで良いとも思う

白髪をどう考え

白髪の原因はいまだ解明されていません

 

一般的に老化現象に
位置づけにされています

 

管理人もその一人で
43歳の同窓会で
自分ともう一人
すごく白髪になっている
二人以外はみんな白髪はあるものの
少しだとかもしくわしっかり染めてきたなど

 

ほとんどみんなに言われるのが
凄い白髪だね〜という台詞
自分は毎日のことだから
気づかないというか
鈍感になってきているんですが

 

言われることで改めて
そうだったのか〜と実感します

 

しかしこれをどう考えるか、
黒髪を戻していきたいのか、
白髪のままでいいのか

 

 

白髪の生え方や髪質にもよりますが
銀髪やアッシュ系に見せることも可能で
年代によってはロマンスグレーなど
様々なイメージを作ることもできます。

 

 

 

毛染めをする健康のリスクより
白髪のままで

 

白髪がある自分を受け入れるのをお勧め

 

髪が白い意識は
他の人の目からみたコンプレックス
自分の為の満足などあります

 

 

例えば回りの人が皆年齢に関係なく
白髪だとすると逆に黒髪の方が
コンプレックスになってしまうのでは

 

 

 

その他健康の問題を外して
白髪の場合はヘアカラーする場合
色がそのまま入れやすいので
極端な色目は紫や青
たまに60代過ぎの女性にいます

 

 

もしくわ禿げの場合と同じように
丸坊主をしてみるなど
男性の選択肢が中心ですが
女性のベリーショートも考えれるでしょう

 

 

 

白髪が髪質が水分
少なめの印象を受けるのですが
これが水分、パサつきが全くなければ
黒髪よりもきれいに見栄えします

 

今は病気と定義されている
先天性白皮症のアルビノ
その内容は美しさとも捉えられています

 

 

白髪一つとっても人により
性別により、地域により千差万別なので
あなた自身の年齢と
他人から見たイメージを中心に
髪型、髪のイメージを変えても
良いのではないでしょうか

スポンサーリンク

白髪の心理関連ページ

白髪染め利尻ヘアカラートリートメント
白髪を利尻昆布で染める