目が大きく見えるパッチリ二重まぶたのコツ

うっとりする二重まぶた

ぱっちり二重瞼の憧れは、

 

男性も女性ほどではないが
日本人、東洋人なら
男女共に気にしている悩みや
コンプレックスではないでしょうか。

 

 

目が大きいと可愛く見える、
その大きく見える条件として

 

二重まぶたです。

 

アイプチや整形があるぐらい
二重まぶたの憧れは あります。

 

 

ここで少し、そもそもなぜ
二重まぶたに憧れるのでしょうか?
そこの疑問から探っていきましょう。

二重まぶたの憧れ

歴史の中で極端ですが
着物を着ていた江戸 時代、

 

二重まぶたという概念自体
あまりなかったように思えます。

 

 

むしろ日本人らしい一重まぶたの
顔立ちが好まれていたのではないでしょうか。

 

 

二重まぶたの憧れというのは
西洋文化で、和服から、 洋服に変わり、
西洋人の彫刻のような顔
ハッキリした目鼻立ちに憧れを感じ始める、

 

それは日本が西洋文化が大きく影響を受けた
日本が敗戦した後の高度経済成長期に値します。

 

 

そう二重の憧れの根本は西洋人であります。
二重がにより目の周りに陰影ができ
顔に立体感が生まれます。

 

化粧自体もそもそも色ではなく、
顔に立体感を作るために発展した産業です。

 

二重まぶたに憧れるコンプレックス解消として
世間ではいろいろな方法があります。

 

整形に抵抗がある人は、

 

メイク法で二重まぶたにする、

 

アイラインの入れ方などメイクの技術を駆使して二重に見せる。
アイプチを貼る、テープを目のくぼみに貼り皮膚を固定し、
固定している間二重まぶたになる。

 

メリットとしては低価格体に傷をつけない

 

デメリットとしては毎日、出かける度に作らなければならない、
時間によっては途中で効果がなくなる。

 

 

整形を推奨する人

 

プチ整形といわれる二重の手術をする。

 

メリット一度してしまえば、長年はその状態を保てる
デメリット元の顔がかなり違う場合子供が生まれたとき違う顔になる、
失敗してしまうと整形を繰り返す コンプレッツスがより強くなる。

 

 

一重や目が小さいコンプレックス自体をどう考えるかによりますが
それが自分の個性と考えれば外見的な
原因のストレスはなくなると思います。

スポンサーリンク

二重まぶた関連ページ

まつげ
眼が大きく見えるポイントの一つと長く量にあこがれる
瞳が大きく
人工的に眼や瞳を大きくする方法はあります
ヒゲが濃いのが悩み
体のコンプレックを部位別に悩み解消を提案